Mk.2メイン

2018年東京モーターサイクルショーにて参考出品いたしました、Z900RS CUSTOM Mk.2-Style Ver.2018残念ながらご覧いただけなかった皆様に簡単にご紹介いたします。

チャージャーなめ

この車両に関しては、展示初日から各メディアにも取り上げていただき画像はご覧いただいた方もいらっしゃるかと思います。まずは、外装ですが、2017年東京モーターショー後にメッキ4本マフラーと同じく要望として多く寄せられていた「角タンクは?」というご意見を具現化したものです。こちらもインナータンクを使用することを前提にタンクはカバー方式を採用し、サイドカバー、テールカウルはゼファー750用で販売している物をベースにポジション調整した試作品になっています。また、エンジンサイドで存在感をアピールするスーパーチャージャーは、エムエスセーリング様で開発中のプロトタイプを今回は特別にお借りして取り付けまでをお願いいたしました。外装、スーパーチャージャーに関しては大変ご好評をいただきましたが、「Mk.2なのに4本マフラー?」と会場ではささやく声も聴かれましたが、これは、当初ショート管をセットにして考えていたのですが、4本マフラーforレーシングの最終モデル(販売用量産型サンプル)のブラックも仕上がってきたため、現物を見ていただきたいという思いで装着しております。販売までにはまだまだ変更点もございますが、まずはお披露目といった形で今回の展示となりました

Mk.2
Mk.2
Mk.2

今回製作したZ900RS3台に装着したMORRIS MAGは発売予定の最終形態の物に新設計のZ900RS純正ローターに対応するアダプターを使用しております。スーパーチャージャーに関してはエムエスセーリング様https://www.ms-sailing.com/にて発表があるかと思いますので、そちらもチェックお願いします。

Mk2
Mk2
Mk2

ピックアップいたしましたアイテム以外にもすでに販売開始しておりますフレームプラグやバックステップ、コアガードやエンジンスライダーなど使用しておりますので、取り付けイメージを感じていただければ幸いです。4本マフラーは、今後レーシングモデル(車検非対応)の発売を予定しており、その後ストリートモデル(車検対応品)の発売を予定しており、Z1-Styleに使用したメッキ仕上げと共に開発進行中です。外装セットに関しましては、今回のショーモデルからさらに進化する予定となっており、素材や形状など吟味しつつ、もう一段上のStyle に仕上げ発表するべく開発を進めてまいります。